asistant3’s diary

不定期に投稿する日記です。

Buell XB9R整備(燃料ポンプ)Part 2 ♯6

今日も少しだけ整備。

ほんとに少しだけだし、正直今日の内容はBuellに関わらず、他のバイク、自動車、電子工具など、多岐にわたるものの知識だと思います。

 

前回のPart1では、燃料ポンプを取り外して〜と言うところだったが、今日はその燃料ポンプの改造(?)といったところ。

 

まずは燃料ポンプをよく観察しましょう。

観察した結果、

・切れている配線はアースの配線であること。

・アースの配線など4本の配線が貫通しているグレーの樹脂の様なものがあるため、樹脂の様なものを除去しないと配線が通せないこと。

・配線は地味に細さが違うものがあること。

こんなところでしょうか。

 

そこで、アース配線を交換すれば、この燃料ポンプも復活するのでは?と考えた僕は、

・樹脂の様なものの、アース線の部分だけを除去する。

と言うことを考えました。そのため、細いドリルを購入し、少しずつ除去して、、、

 

ああっっっ!!!!!

 

なんと樹脂の様なものが硬く、削れないーと思い、少し力を加えたら、ドリルが半分に折れてしまいました。その衝撃か、別の配線を少しかじってしまい、配線の中身が丸見え、、、

いっそここまできたら、全部樹脂の様なものを除去してしまって、全部配線やり直したほうがいいのでは??と思い、予定変更。

①樹脂の様なものを全部除去する。

②配線をやり直すために、なるべく長く、今ある配線を切る。

③延長する配線を持ってきて、接続する。

④燃料ポンプを接続するためのカプラーを取り付け。不可能なら、ウィンカーなどと同じ様なカプラーでなんとか接続する。

⑤接続できたら元の位置にまだ取り付けずに、ちゃんと動作するのか確認。(ECM droidと言うBuell専用の診断機を使うのもあり)

⑥ ⑤でちゃんと動作したら、ガソリンを入れて、エンジン始動するのか確認。

 

こんなところでしょうか。

ただ、不安要素はあって燃料ポンプ内の配線を接続する際に、ちゃんと絶縁できていないと、ガソリンがある環境で動かすため、変に火花など飛んだ日には、僕も、Buellも死んでしまうので、なんとしてでもそれは避けなければなりません。

 

今のところ、①が終わったところ

燃料ポンプの謎の樹脂がやっと除去できた。傷が、、、

②③が終わったところ

謎のばか配線(やったのは僕)

 

少しずつ時間を作ってやっていきます。


※ここで乞食タイムなのですが、何か良い案がありましたら、いつでも募集しております。

昨日は… ♯5

昨日は久々に友人と通話でお話しした。

国家試験直後の日程だったので、疲れていると思いながら、長話してしまった。申し訳ない…

近況報告をお互いにやりつつ、おすすめのyoutuberやアーティストの話だったり、約3時間のお話ししていた。よくはわからないですが、少し心が穏やかになった気がします。やはり友人と直接お話しするのはいいですね。

おすすめされたアーティスト Måneskin

大学生の時はほぼ毎日、その友人とお話ししたり、別の友人と国家試験勉強していたり、さらに別の友人とバイクで大学あがりに遠出したり…

あの頃は楽しかったなぁとおじさんみたいなことを思いました。

また福岡に行く時に、遊んだり、鍋パーティーしたり、猫愛でたり(筆者はアレルギー持ち)したいなぁ。2月あたりで行けたらいいな。その時までにいろんなお話のネタを作るために、今日も勉強頑張ろう。

 

勉強 ♯4

今日は勉強について。

医療系大学生だった僕は2年前に国家試験を合格して、1年前は研修医で、今年は…

と言う変な人生を送っているのですが、普段の診療では絶対に使わない知識の勉強をしています。普段の診療で使う知識…とは?と言う感じですが、一番馴染深いところで言うと、高血圧〜、糖尿病〜など、一般にもよく聞く病気のこと…

ではなく、病理学と言う、細胞を検査して、どんな細胞や組織をしているか、それがどんな病気の状態なのかと言う勉強を、「独学で」しています。

なぜ「独学で」なのか?と言うと話せば長くなりますので、今回も一番下に載せてます。

 

今日は唾液腺の腫瘍について勉強しました。唾液腺と言うのは、口の中に唾液を分泌する、唾液を作る工場です。大きいものは耳の前にあったり、下顎の耳の下あたりの角の内側についていたりします。

この唾液が無くなるとどんなことが起こるのか?と言うと、

・口の中が乾燥する。

 →乾燥によって、口臭がきつくなる。

 →乾燥によって、虫歯になりやすくなる。

 →乾燥によって、味が感じにくくなる。

など、たくさんの症状がでます。

 

そんな唾液腺の腫瘍、もちろん腫瘍と言ったら良性も悪性もあります。唾液腺にできた良性腫瘍も悪性腫瘍も、基本的には進行が遅いので、仮に腫瘍ができたとしても、いまいちわかりにくいと思います。そこで悪性だった場合、悲惨な運命をたどる場合があります。また、良性でも除去してもらう際に、取り残しがあった場合、再発する可能性のあるものや、再発だけならいいですが、10年単位での時間経過とともに悪性になるものもあります。

なるべく、触った感じの違和感を感じたら、歯科医院や耳鼻咽喉科へ受診をおすすめします。(手術するとなれば、基本的に大学病院になりますが、大学病院は紹介状がないと受診できないことがほとんどだと思います。お近くの開業歯科医、開業医へ)

 

 

※僕の履歴についてーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たかが歯科医師2年目のやつが履歴などほざきよってからに、と思うかもしれませんが、少ないながら私の履歴について記録させてください。

大学は6年間の大学を卒業して、研修医は某旧帝大病院で終了させていただきました。そのまま大学院に進学しました。しかし臨床で日常が謀殺されており、もう無理になり、大学院をやめました。

・他の同期は外来が終わったらさっさと帰宅

・教室で最後まで残っていたのは、明日以降の外来の患者の、前回の状態の把握や、カルテの記載、術式の予習などで残業、いつの間にか夜中の2時…と言う生活を続けていた僕

・お昼ご飯を永遠に食べれない外来の予約

助教の先生から何をやっても怒られる

・他の同期の患者数の3倍は配当させられた僕

・なぜか医員の先生が処置が終わらないからと、見とけと言われる僕

・ちょうどタイミング悪く私生活での崩壊

・こんなに多忙でも、大学病院からの給料は月に3万円

なんで僕ばっかりにこんなにしてくるのか、本当にわからなかった。

着替える時間すらもったいなくて診察着の上にアウターを羽織っただけで帰宅したり、帰宅した瞬間に寝落ちしたこともあった。神様を本当に恨んだ。

所謂、やりがい搾取と言うのをさせられたのだと思う。

なんのために試験を突破して大学院に入学したのか、本当にわからなくなったので、自殺未遂を起こして、早々に大学院を中退した。なので、指導してくださる先生もいないし、診療できる科もないので、「独学で」勉強していると言うわけです。

結果的に50万近く払ってうつ病になり、廃人の様な生活を続けています。

 

では、なんのために勉強しているのか?と言うことだが、医療の勉強するのは僕は楽しいと思う人で、大学院に再度進学したいと思ったから。ただし、絶対元の大学のところには行かない。

だったら何の科なのか?と言うところで、病理。まだ大学院の見学すら行っていないが、2023年中にはどこかの大学院を見学、受験して、どこかの大学院に進学できればいいなと思っています。

もし、大学院引っ掛からなかったら、アメリカかオーストラリアあたりに移住しようかなと思ってます。

Buell XB9R整備(燃料ポンプ)Part 1 ♯3

バイクの整備です。

以前のブログでも挙げましたが、僕のバイクはBuell という今はないメーカーのバイクです。以前にカワサキエストレヤの方とツーリングに行く機会が多くあったのですが、そのエストレヤ(250cc)よりかなり車体が小さめ、だけど排気量は4倍という変わり種のバイクです。

 

※ぜひ彼氏さん彼女さん、旦那さん奥さんなど、タンデムの方と密着したい方にもおすすめです。

 

さて、本日は整備とタイトルにもあるように、整備。具体的に何をするかなのですが、大まかに、「不動整備」です。

不動の場合何が悪いのか診断し、入れ替えが必要なパーツ、修理が必要なパーツなどを点検し、いざエンジン始動、動くのかをチェックしなければなりません。僕のバイクは何が悪いのか?というと、おそらく、「燃料ポンプ」です。

なぜ、おそらく?と思われる方もいるかもしれません。なぜなら、僕のバイク、壊れた初期症状が訳がわからず、キーオンにした際、ヘッドライト周囲から、「ジー」とセミの鳴くような音がし、セルモーターを回そうとすると、その音が消える。エンジンはかからない。という症状でした。その前にはエンジンはかかっていたのですが、ガス欠のような、片排のような症状が出て、アクセルをガンガン回さなければ、エンストしてしまいそうな状態でした。

※ここからはなぜこんな症状が出ていたかの原因を探るところです。ーーーーーーーーー

さて、なぜ燃料ポンプが原因なのか?というところなのですが、はじめに、物理的にカプラーなどがちゃんと接続されているかを見るために、シート関連のパーツを外し、パソコンにつなぐ診断機で診断した結果。燃料ポンプの音がしない

なぜ?といろいろ漁っていた次の日、燃料ポンプの音がしない原因が判明しました。

シート関連を外した際に、一緒に燃料ポンプのカプラーを外しっぱなしにしてました!(バカ)

そのカプラーをつけて再度診断機を使うと、燃料ポンプの音はしましたが、なんか音が弱すぎる。配線がやはり原因なのかな?と思い、燃料ポンプの配線を見た結果。配線が1本切れていました。(黒のアース線)

それは燃料ポンプは動かないし、燃料ポンプが動かないとなると、ガソリンがエンジンまで行かない。→ガス欠の様な症状が出ていた。

のだと思います!!(他に原因があるのかもしれませんが)

なので現状、燃料ポンプの修理、状態の良い中古があれば交換を行っています。

 

※作業の手順はーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①外すネジやパーツを外す。

②車体を吊り上げる。

③燃料ポンプを外す。

④燃料ポンプの悪いところの交換

⑤燃料ポンプの再装着

⑥配線を全部繋げて、エンジン始動するかチェック

という流れになります。

 

※作業開始ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①外すネジやパーツを外す。

外すのは

・バッテリー(一番大事!!)

・燃料ポンプのカプラー

・左の運転席のステップ(タンデムステップ、じゃない方)

・メインシート

・リアサスのネジ(外しにくければ、吊り上げ中に外すのもあり)

これだけでいいと思います。

作業がやりにくければ、左右のタンデムステップも外してもいいかもしれません。

 

②車体を吊り上げる

…なのですが、駐輪場のトタン屋根の支えの様なものがあれば、それにタイダウンベルトを引っ掛けてやればいいと思いますが、残念ながら、うちにはそんな吊り上げ(下げ?)のための支柱はありません。ここでは統一させるために、「吊り上げ」と言わせていただきます。

買わせていただきました。

吊り上げ(下げ?)

あとはタイダウンベルトをシートレールに取り付けて、カシャカシャ。。。

なぜ、車体を吊り上げなければならないのか?ということですが、このBuellというバイク。小さい車体に大きなエンジンなどを乗せた結果、整備性はなかなかの悪さ。燃料ポンプに手を入れるためにはフレームと一体化しているガソリンタンクを吊り上げ、その左斜め下についているネジを4つ外さなければいけません。そのうち、手前の2つのネジは吊り上げないでもはずせるのですが、残りの奥の2つは、吊り上げないと、工具が入らず、燃料ポンプを外せません。

吊り上げ中。シートはSに換装してます。その理由は後日。

③燃料ポンプ外す。

燃料ポンプを外したら、もちろんですが、タンクの中に入っているガソリンが出てきます。下にバケツでもなんでもいいので置かないと、大惨事になります。また、静電気が発生するだけでも大惨事になるので、発生しない環境で行ってください。(※自己責任)

ここで、ネジを4つと上の方のボルトを外したら、ガソリンが少しずつ流れてきます。静電気に本当に注意しつつの作業になります。そのあとは、マイナスドライバーで、少しずつ、金属に傷をつけない様に慎重に、燃料ポンプを外していきます。ここで、一気にやると、

・ガソリンが一気に出てきて危ない

・燃料ポンプに大きな傷ができる

などあるので、少しずつやる。少し大きめの漏斗などあれば、ガソリンをうまいことバケツに入れれるかもしれませんね。

燃料ポンプはここに。正直外しにくい。

出てきたガソリン。正直バケツはプラスチックより金属など、溶けない素材がベスト。

 

④悪いところの交換

悪くなっているところの交換なのですが、今回は配線。配線はガソリンが漏れ出ない様に、おそらくメタルパテの様なものでガチガチに止められています。なので、まずはメタルパテの除去。これはドリルを使用しないと除去はかなり難しいと思います。歩いて15分ほどの工具が売ってそうな場所に買いに行きました。

 

しかし、僕のバイクは2003年製造。今は2023年。つまり今年で20歳です。成人ですね!

じゃなくて、20年もののメタルパテとなると、なかなか硬化しており、除去が困難です。

今は時間を作り、少しずつ削る毎日を送っております。

今回はここまで。

 

 

※ここから下は回想が入るため、読まなくても大丈夫な文章です。ーーーーーーー

当時、お付き合いさせていただいていた彼女の家に行く際に出た症状でした。動かなくなったバイクを彼女の家に一旦置かせていただき、当時お世話になっていたショップに引き上げに来ていただき、そのまま修理の流れでした。(しばらくは当時の彼女のバイクをお借りしていました。あの当時、彼女の家に行くのにも、その前に大学に行くのにも助かりました。お気遣いに本当に感謝しております。)

当時は医療系学生の最終の学年。もちろん国家試験も控えていたため、今は勉強に集中し、ショップに修理してもらい、研修医になったら修理代金を稼ぐつもりでした。しかし、その壊れた話から1年ちょっとすぎ、やっと修理してもらえるとのお話が入った時は、「原因がやっとわかって、もうすぐ乗れるんだ!」という気持ちでしたが、そこから診断を始めるとのことでした。壊れた話から2年。さすがに長くかかり過ぎなところと、僕自身の心が壊れてしまったので、地元に強制送還されました。その時、ショップに「もういいので、地元に持ってきてください」と、おそらく最後のお願いをし、結果、バイクは全くの専門外である僕自身が修理する、という話になりました。

だらだらな日。♯2

最近外寒いし、COVID-19も収束を見せる感覚はない気がするので、あまり積極的に外出できないなーと思っております。

そのせいか運動不足がたたってか、足がつりそうになります。夏でなくても脱水が激しい気がするので、経口補水液(ポ●リや●S-1など)をしっかり摂取することが大事だと思うアラサーでした。

ですが、運動不足は家の中ではどうしようもないので、片道30分ほどのコンビニまで散歩。歩く気力が出る時は続けてみようかと思います。

もう少し暖かくなったら、バイクでお出かけしたいですね。

 

そして、今日の勉強

・Mosby's Review for the NBDE Part1 Anatomy

・医歯薬出版 新口腔病理学 歯牙の異常結節など

英語はいまいちわかりづらいところが多いので、誰かに教えてもらいたいところです…

趣味について。♯ 1

みなさま、ご趣味はありますでしょうか。私の趣味は

 

●乗り物!(バイクや車など、自分で運転するもの)

・バイクはBuellというアメリカのバイクのXBシリーズというものに乗っています。(今は故障中ですが…)

Buell xb9r

・車は今、手放そうか悩み中なので、ここでは記載しませんが、以前は何かあるごとにドライブに行っていました。

 

エレキベース/ギター(週に1,2回しかしませんが…)

・ESPというメーカーを好んでしようしています。型番はAP/SL5という5弦ベースと、Amaze5という5弦ベースを所持してます。調子が良い時はコピーバンドやオリジナルのフレーズを弾いて、ひとりで遊んでます。ギターはRIckenbacker 330というギターを所持してます。Rickenbackerといえば、The Beatlesが使用していたのが印象的ですよね。

 

●勉強…?(私自身、半分学生のようなものなので…)

・実は医療関係の国家資格は持っているのですが、知らないことがあると、突き詰めたくなる性格なので…

たまに今日はこの本で勉強しました!みたいに教科書の写真を出すことがあります。※中の画像はグロテスクなものもあるので、挙げません。

 

こんな感じのことを不定期で投稿する予定ですので、お暇がある方は、よろしくお願いします。

新年明けまして19日目。♯0

初めまして。初投稿になります。asistant3と申します。

このblogでは、私の趣味やその日の出来事、愚痴(←)などをまとめる日記のように使用したいと思っております。

今まではTw●tterを使わせていただいていたのですが、140文字の縛りがしんどくて、何個もツリーにまとめるとなると読みにくい、、、。

じゃあ新年開けてるし、新しいことにチャレンジしよう、という意気込みでもあります。

駄文を重ねてしまいますが、今後ともよろしくお願いいたします。